手刺繍雑貨のアフターケアについて

Categoryordermade
20201108103307f8b.jpg


手刺繍雑貨のアフターケアについて


布製品ですのでご使用のさいに汚れてしまうことがあります。
下記のお手入れ方法をご紹介しますので、ご参考くださいませ。


繊細な手刺繍を施していますので、お洗濯は手洗いでお願いいたします。
洗濯機では刺繍糸のほつれ、色落ち、変色、型崩れ、などの原因になりますからお控えください。


【綿糸や化繊糸の手刺繍の場合】
一番おすすめしたいのは石鹸です。
ただし、申し訳しつこい汚れに対しては洗剤は弱酸性をご使用ください(ワイドハイターがおすすめです)。

①全体を洗う場合
全体をぬるま湯に浸し、洗剤を少量いれて30分間ほどつけておきます。
ぬるま湯でやさしく揉み洗いしてください。
刺繍部分はデリケートなので、撫でるように洗うと解れを防ぎます。


②部分的に洗う場合
汚れた箇所を十分に湿らせて、洗剤を少量つけ、綿棒などで撫で洗いします。
手刺繍部分は糸目に沿うように、綿棒で撫でて丁寧に拭き取りください。




【絹糸の手刺繍の場合】
絹糸は生き物ですから、原則としてはプロの染み抜き屋にご相談ねがいます。
長く美しさを保つため自身の判断で洗わないほうが無難です。
※日本刺繍の着物やビーズ刺繍のドレスなど



【手刺繍雑貨を乾かす場合】
日向や直射日光は避けて、部屋干し又は陰干しをおすすめします。
そのさいに平干しすると型崩れを予防します。




【アイロンをする場合】
アイロンをするさいは、アイロン台に少し厚みある大判タオルを敷いて、手刺繍の品物をその上に置きます。

刺繍面に直接アイロンはせず、日本タオルなど薄手生地を敷いた上から霧吹きをかけ、中温でアイロンを確りかけます。
※高温だったり、直に当てたり、強く押し付けすぎると生地が焼けてテカリの原因になります。
※刺繍面の裏側からアイロンをかけると、手刺繍のふっくら感が保てます。




【糊をかける場合】
アイロン糊をご使用するさいは、刺繍部分をなるべく避けて、シワを取りたい部分だけに吹き掛けてください。

手刺繍の毛羽立ちを抑えたい際は、アイロン糊もしくは水を手刺繍の糸目に沿って綿棒で撫でるように落ち着かせ、自然乾燥させてください。




【手刺繍の解れが出てしまった場合】
当方が制作しました作品並びに雑貨につきましては、修繕を承ります。
お気軽にご相談くださいませ。



より綺麗な状態で永~くご使用いただけますように。。。














スポンサーサイト