魔法のガラス

Categorygallery*短編物語
20201204132738643.jpeg


場所は確か、彼の四王寺。

山のてっぺんでの出来事。

四王寺ったぁ、うちんがたの山とは勝手が違う。


お弁当食べてお菓子食べて、これから長距離下山ってー大仕事のときに、やっちまったんだ。

哀れ。
お弁当やお菓子で口腔内は砂漠地帯な私は、オアシスに沈む破片をみて絶望した(してない)。

センセーは困った顔したけど、直ぐに別のオアシスから水を戴くようにすすめてくれた。



閉じられた水筒をふってみたら


シャンシャンシャン
シャラシャラシャラ
と音がする

こら振りなさんな、あぶない

シャンシャンシャン…

振りなさんな

シャンシャンシャン…

だから振るな、って



遠足帰りに長蛇の列。
たまにその例が乱れり、前方に追い付かんと小走りする私の水筒から

シャンシャンシャン…
シャラシャラシャラ…
と音がする

無事に小さなキャラバン隊は学校に到着。
自宅に帰ってからが、本場だ(何の?)
















スポンサーサイト