蟻の時間

Category短編物語

20190426211019c3c.jpg 


蟻の12時間は象の水浴びの時間

蟻の24時間は恐竜の一歩の時間

象の涙の一滴は蟻の10日分の食料

恐竜の汗の一滴は蟻の一生分の水分


蟻は考えた

象の涙をたくさんもらうには、象を笑わせたり泣かせたりする

恐竜に汗をたくさんかかせるには、恐竜にたくさん動いてもらう


しかし
回転する時間軸があまりにも違うから蟻のスピードに象も恐竜も追い付けない


蟻は考えた

これでは飢えて死んでしまう

そうして蟻は

象の鼻先で芸をするのをやめ

恐竜の背なかに乗って噛みつくのをやめた


ある日蟻は

飢えそうになりながらも

花の蜜を集めることを覚えた


蟻の12時間は花が蕾を開く時間

蟻の24時間は花がもっとも盛る時間


蟻の涙の一滴は花の蜜の一滴

蟻の汗の一滴は花の水分の一滴 

だった

花というパートナーを得た蟻は

象の鼻先でいっそう淡麗な舞を踊り

恐竜の背なかに乗って大地を闊歩した


(完)



























スポンサーサイト